あんあんクラスとは | あんあんclass白石中央ルーム

あんあんclass白石中央ルーム
あんあんの方針

と言えない時、常に寄り添い一緒に歩んでいきたいと思っています。

言語聴覚士の指導が受けられる

言語聴覚士が在籍しており、言語聴覚士の指導を受けられます。身体作り、心を豊かにすること、そして適切な言葉の獲得を進めていきます。心の動く経験を積み重ねていくことで、言葉が増え、自分の意志を伝えることが出来るようになります。
言語聴覚士監修による育児用の絵本を毎月増冊しており、貸し出しも行っています
言語聴覚士監修による蔵書が多数あり、絵本を毎月増冊しております。毎日絵本を読み聞かせする時間を設けます。 沢山の絵本に触れることでお気に入りの一冊が見つかります。実体験や経験と絵本が重なった時にスーっと心に沁みていきます。その瞬間をしっかり受け止め指導していきます。

食育(札幌市統一給食)で大切な身体づくり

札幌市統一給食をメインとした給食を提供。また、食育の一環として、菜園活動での野菜作りやクッキング活動を行っています。
好き嫌いの加減、食事のマナーを身につけるお手伝いを行っています。
※給食に関しては6月13日より提供いたします。

ダンス療育によるコミュニケーション

毎週 火曜日・木曜日ダンスを通してコミュニケーション能力を高め、楽しく踊ることを伝えていきます。まずは、子供達に踊る事を楽しんで貰えたらなと思います。
楽しんで体を動かして、みんなでひとつになれるようレッスンしていきます。
ダンス選抜クラスもご用意しており、道内のコンテストや大会、オーディションやイベントに出演する為の養成クラスとしております。
様々なイベント出演をこなし、実力共に人前での発表を通し、経験や 勇気を付けていきます。

課外活動で健康な心と身体づくり

課外活動では施設見学や工場見学、公園など、多くのものに触れ体験します。療育の一番の基礎は体づくりです。
強い身体に強い気持ちが育ちます。まず歩くことから始めます。少しずつ距離を伸ばし、近隣の公園から 少し遠くの公園、施設見学にも出かけます。広く社会に目を向け、地域との関わりを持ち、多くのものに触れ体験します。
(例:防災センター・青少年科学館・円山公園など)

地域交流による社会学習

地域交流を積極的に行い、自主性やコミュニケーション力の向上を目指しています。
地域交流を通じて、子どもたちの豊かな人間性と社会性を伸ばします。地域社会と交流することで子どもの自主性やコミュニケーション力を自然な形で身につけます。また、自分が住んでいる地域について知ることで子どもたちの地域への関心、興味などを高めることを目指します。また、保育所・幼稚園・小学校などを訪問し、保護者・学校関係者の方たちとの連携を強化することで、お子さまの学校生活もサポートします。

.
.